ゴミ埋立処分場の現状

グーグルアースで埋立地を昔と現在とで見比べて際の動画で紹介しています。それで比べてみたころ明らかにごみ量が蓄積されていることがわかります。

埋立地はごみ収集車がやってきてごみを処分していきます。それをコンパクターとキャタピラ車で押しつぶしていきます。ゴミの厚さがましますとその上に土をかぶせることによってごmが風邪に飛ばされたり、悪臭が広がることを防ぎます。

埋立地には焼却場で出た灰や粗大ゴミ、燃えないごみを埋めていきます。この現状のままゴミを埋め立てていくことによってあと11年後には一杯になってしまうそうです。
今のお子様が大人になるときには捨てる場所がないということを防ぐために1人1人がリサイクルを徹底することが重要です。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る