古紙からリサイクルすると?

限られた資源を大切に使うことが大切だと言われていますから、不要なチラシなどの古紙は燃えるゴミに捨てるのではなく、リサイクルして環境に貢献するといいそうですよ。

1箇所に集められた様々な種類の古紙は、釜へと運搬・投入され、水や薬を加えて数時間ほど回転しながら加熱され、古紙の繊維を解すことにより、余計なインク等を剥がしていきます。古紙を希釈した後には、ホチキスやビニールなどの余計な異物を取り除いていき、再び古紙が白くなるまで何度もインクなどを洗い流していきます。

洗浄した古紙は脱水等を行い濃度を調節していき、薄く伸ばしつつ乾燥させて形を整えていき、最終的には、古紙からトイレットペーパーへと生まれ変わって店舗へと出荷され、皆さんの手に渡るのです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る